スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なつかしい

笑う犬って何年前だっけね。
懐かしいわ?(´▽`)


と、今日は「寒々(><)」ということで引きこもりデイに。
結構日差しでてましたがね。

布団くるまりつつ読書デー

ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)ガセネッタ&(と)シモネッタ (文春文庫)
(2003/06)
米原 万里

商品詳細を見る


旅行者の朝食 (文春文庫)旅行者の朝食 (文春文庫)
(2004/10)
米原 万里

商品詳細を見る


昨日の読書から続いて。
ロシア語通訳さんのエッセイ2冊です。
田丸さんがシモネッタ・ドッジだそうですよ(笑)

ロシアもいいなぁ?、なんだか名詞とかの響きが可愛いよねぇ。
ロシアさ?ん♪ラトビアくんあんまいぢめないでね(アレネタ)


ロシア語はあれだ、キリール文字っていうんですね。
文字数わずか三十三、大文字小文字合わせても六十三だって。

アルファベット圏の人々は小学校1学年の最初の1週間ですべての文字を習得できる
のに対して
日本語は、義務教育9年間で
ひらがな、カタカナ四十八字に、3000字に漢字が書けて、5000字の漢字が読める
日本人に育てっている。

読み書きだけで9年間も使ってるのか?、といまさらながら不思議感。

そうなのか、そんな日本語を使ってる日本人なのだな自分は。
母国語って大事よね。


異なる言語もさることながら、生活文化の違いがまず意思疎通のあれこれになりますね。
ことわざとか慣用句とか、通訳するって大変だ。
笑いを国で共有するのもまた難し。ですね。

食の話はいろいろあるね。
「旅行者の朝食」って、
そういう名前のロシアのまずい缶詰があったらしいよ。
市場経済にはいった今では見なくなったとか。

読んでると、あぁ、ロシアっで社会主義なんだな、って再認識?


同時通訳さんの頭のなかは不思議です。
ど?なってるんでしょうね?
ということがちょっぴしのぞける感じの本でした。

エッセイってあんま読まないのですけど
面白かったです。

・・・けどちょい読みにくかったかな( ̄▽ ̄;)


明日は学食使う程度の時間(曖昧)に学校行きます。
がんばりまウィッシュ。

スポンサーサイト

Comment

お久しぶりです。

米原万里のエッセイって面白いですよね。私は1冊しか読んでませんが。
『オリガ・モリソヴナの反語法』という物語を読んで興味を持ちました。

>クリスさん
お久しぶりです(^-^)
私は米原さんをあまり知らなかったのですけれどね、芋づる読書です(笑)
この方小説も書いていたのですね!
今度探してみようと思います~m(_ _)m
Secre

FC2カウンター

めざせキリ番企画

↑カウンター企画→終了しました。どうもありがとうございました。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

+のん+

Author:+のん+
宮城出身。山形在住大学生でした。
就職して関東に移り住みました。
離れて暮らす猫2匹
ブライス趣味から、ドール趣味の話題が多いです。
雑多になってきたためドールの種類は「所有ドール一覧」参照。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

ついったー

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。