スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『箱の中』

『箱の中』


CIMG0012.jpg


腐女子っす☆って開き直れるレベルに達してないのであんまり書かない話題ですけど……
これはなんだか言わせてください。
思ったより面白かった、というより思ってたのと違かった。

内容について重大なネタバレしかしてないので、
もしかしてこれから読もうかなって人は見ないで下さい。
あと支離滅裂で醜い感想文です。





とあるきっかけがあっておととい買ってきました。
昨晩一気に読みました。


なんていうかな、BLってどんなに切なくて苦しくてもでも最後はハッピーエンドなんだろって安心感があるもんなんですけどね、
これはすごくもやもやが残りました。
読後感が半端なく悪い。
気持ちの整理が必要なくらいに。

まずね、浮気女○ねって言わせて。
「寂しかったの退屈だったの出来心だったのでも愛してるのはあなたなの離婚したくない許して」
っていう典型的テンプレートトな不倫女……。
この手のキャラクタが反吐が出るほど嫌いです。

主人公・堂野がやっと掴んで守りたいと思ったささやかな幸せが、こんなものだったなんて酷すぎるよ。


でもね、堂野もね…
離婚後、元の家から徒歩十分ほどしか離れていない所で、男の恋人と同棲するとか……
「あぁ奥さんの浮気も・・・そういうこと?(下世話)」なひそひそされるよ絶対。世間ってそういうもんだよ・・・。
あぁぁなんでクソ不倫女の罪まで堂野がかぶらなきゃいけないなんて絶対嫌だよ。

誰も幸せになれない気がしてすごくもやもやするんです。
これがいわゆる「びいえるはふぁんたじー」なびいえる時空だったら別にどうでもいいんですけど
リアルな世界観がどうしても色々考えてしまう。

あぁ、でも堂野をやっと手に入れた喜多川は幸せかもしれない。
喜多川は堂野さえいれば幸せだろうな。
うん、幸せになってくれ・・・。

堂野から喜多川への感情は、愛情ではなく思慕のようなものなんだろうなと思うけど。
裏切られつづけた堂野にとって、ただただまっすぐに思いをぶつけてくる喜多川の存在は安心みたいなものでしょう。


主人公・堂野について
ひたすら真面目にまっすぐ生きてきた彼。
あの時痴漢冤罪で捕まったりしなければ全く違う人生を歩んだんだろうなという平凡な男。
ただその場合、堂野に出会わなかった喜多川は、暗く淀んだ泥の中で生きていったんだろうな、と思うと
それもまた苦しいのです。

あとがきを読んだら「彼らのその後が知りたければノベルス版買え★(意訳)」って書いてあった続きがあるのか!
読みたい世みたい本屋売ってねえぇぇ!
アマゾン先生お願いします一週間後とかあぁぁああああ(発狂)


この作者さん文章上手いですね。読ませる文体でした。
昨夜は止めどころがわからなくて最後まで一気に読んでしまった…。
売れてる人には理由があるんだなぁと思いました(当たり前だが)



あらすじを書くと
『箱の中』
痴漢冤罪で刑務所へ入った主人公堂野
色々あって(←ここすごく重要なんだけど私の文才では要約できません。空気感がうまい。)
喜多川という男に懐かれる。
さらに色々ある。(←ry)
短期刑だったため先に刑務所を出る堂野。
出所後は理解ある人々に恵まれ、仕事先で後に妻になる女性と出会い、
一年後、子供ができて結婚。
堂野は、喜多川の出所日、彼を迎えにいくことはなかった。
ここまでが箱の中。
彼らの形容しがたい関係性がなんともいえません(もだもだ)


『脆弱な詐欺師』
は、出所後の喜多川が堂野の行方を捜す話。割愛。
彼には堂野しかないんだなぁというのが解る話で涙がでてきた。


『檻の外』
7年を経てようやく堂野と再会できた喜多川。
しかし堂野は家庭を築いて彼としての生活を持っている。
「恋愛感情はない。君に応えることはできない。でも友達としてなら僕は君に会いたいと思う。」
と言われ(一種の拒絶だと思うんだけど)それでも傍に居れるなら、と云々(←要約できぬ)
娘ちゃんも喜多川に懐いてべったりでかわいいし。
このままゆっくり時間が流れていくのかと思いきや。
事件が起こる。
ここから怒涛の胸糞展開。

娘が誘拐され、遺体で発見される。
容疑者として逮捕される喜多川。
「殺人の前科があるような人間と何故つきあった」と周囲に攻められる堂野。

結局犯人は、妻の不倫相手の奥さんだった。
娘を失ったショックと妻の不貞暴露のダブルショック。しかも妻のお腹の中には不倫相手の子供というトリプルアタック。
子供がからんできてすごく鬱・・・・・・。

心身ぼろぼろになった堂野が最後にすがった場所が喜多川だった。
よかったね喜多川が居て。って思う所。

物語の冒頭の痴漢冤罪事件からさ、堂野は何も悪いことしてないのになんでこんな不幸の渦にまきこまれるのか・・・
しいていうなら主人公だからか(ひどい)

っていうかね、元々BL小説ってことだから、堂野と喜多川がくっつくんだろうな、という想定のもと、
堂野が子供までいる家庭持ってる時点でやな予感がしてたYO!

「堂野と一緒に暮らしたい」って喜多川の願いは叶ったわけだけどさ、
どうなのよ。どうなるのよ。
良くも悪くも堂野は「普通の」人で、
そう思うともやもやもやもやが残るのよ。
つづき…つづきをおくれえぇぇ…(発狂)
幸せな未来を見せておくれよぉぉぉぉぅっ(嗚咽)
愛を~くださぁぁ~いぃぃ~おぅおぅ(嗚咽)
アマゾン先生はよう!!

落ち着け。フィクションに熱くなるなよ(深呼吸)


と、長々と蛇足を書きましたが、面白かったです。
淡々としているのに頭痛がするほどどきどきしたよ。
この人の小説もっと読みたい。
売ってない。

どうでもいいことだけど(いやどうでもよくない。)この手のノベルスってあらすじ下手だよね(上から目線)
あらすじを見て読みたくなることってほとんどありません。
文庫版の方の裏表紙あらすじはまぁまぁよかったですけど(上から目線)
一般レーベルに対してジャンルもののノベルスのあらすじの書き方ってなんで変な癖があるんだろう。
あと挿絵いらないんで文庫にしてくれたら読みやすいのに(わがまま)

さてkonozamaくらってた本届いたので読んできます。
コメント返信遅れててすみません。いつものことですみません。
今主に自業自得であっぷあっぷしてます。


全く推敲していない書き殴りなため支離滅裂、誤字脱字ご勘弁。
なお、冷静に戻ったらこの日記は消去する模様。

モルダー私疲れてるのよ……(瀕死)



開き直っておこうか。
中村明日美子、今市子、びっけ、ヤマシタトモコ、よしながふみ、雲田はるこ(敬称略)
有名所このあたりは作家買いしてます(暴露)
何かおもしろい本教えてください(土下座)

BLってなんか全部いっしょくたにされるんだけど違うんだよすごく細かい好みの問題があるんだよ
有象無象の中からどんぴしゃなものを探すの大変なんだよっていう主張したくなる時があるけど
墓穴掘るだけなのでやめた方が身のためです。
「BLも読むよ」って言うと「BLしか読まない奴」みたいな扱いを受けるのは何故だね(憤慨)
舌がすべり過ぎだ。
酔ってません。酔ってないです。

以前こっそり漫画感想ブログつくったり消したりしてたけどまたひっそり書こうかな……。
吐き出す場所が欲しいずら。
メモ帳にでも書きなぐっておけって感じですね。

あぁ疲れた疲れた……。



※追記※
つづき読みました。
感想はあちらで→『檻の外』

スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

面白そうな本ですねー。
私はBLは読まないんですけど、よしながふみさんのだけは読んだことがあります。絵が好きなんですよね。お話も。でもやっぱりBLは無理かなーと思ったり…
彼女は男女物も描いてるから、やっぱりBLがすっごく好きなんでしょうね。男女のお話でもBLっぽいネタがよく出てくるし。

BLしか読まないって人もいるんですか。という私は小説はほぼミステリーしか読まないけど…
BLってあれですかね、やっぱりどこかに女が相手じゃないから安心して読めるってとこがあるのかしら。
とっても不思議な感覚ですけど、ハマると溺れる感覚なんだろうなってことだけはなんとなくわかります。

感想ブログ欲しくなっちゃうのわかります!
吐きだしたくなるんですよねーー
私はそれほど数多く読まないからやるなら漫画も小説もいっしょくたにしてやりたいですけど、それだと読者数がのびないんでしょうね??

No title

はーい、勝手に誰でも彼でもカップリングしちゃわないレベルの腐女子ですノ

そんなヌルイ腐れ具合なので、「箱の中」みたいなやたらリアルなBLは読めません。
だって、変な背徳感とかビシビシ感じるもん。
世間の目冷たいヨ、とかそーゆーの、ビクビクするからやだもん。

あえて言う。

まわりはみんなゲイカップルですよ!!!!てゆー安心感のあるBLが好き☆


ただ、のんさんの素敵大胆なネタばれポロリなせいで、その続きがものすごく気になります。
ノベルス版もネタばれよろしくお願いします、ホントに。

No title

>みゆさま♪
なんだかすごい話を聞いてしまいました。
みゆさんの人生経験すごいですね。おぉ…。
男の浮気ももちろん許せませんがそれ以上に女の浮気が許せません。他人事なんですけどね。
まぁ、人を裏切る行為はしてはいけないってことですね。

フィクションの中ではハッピーエンドが良いです(´・ω・)。



>ほしさま♪
こんな話題にまでコメントありがとうございます(恐縮)
面白かったですよ~。日記でも叫んでいたとおり続きが気になりますが(笑)
アマゾンから月曜日届きそうなので楽しみです……。

よしながふみさんのマンガは、会話の間とかそういうものがすごくうまいと思います。
上であげた漫画家さんもそうですが、BLしか書かない人とBLも書く人、で結構違うような。

いえいえ、ほとんどの人は、面白い物ならなんでも読む、って感じだと思うのですけどね。
おもしろおかしく誇張した腐女子エッセイ丸飲みなのか何か…別にBL読むからって四六時中腐ってるわけじゃないんですけど。
と言いたくなる時があるんです(苦笑)

あれですね~、割と簡単に「永遠の愛」を誓ったりしますが、これを男女でやると白けちゃうかもな、というのは思います。
私、矢沢あい系のマンガが苦手で(さわりしか読んでないのにこんなこと言って、好きな人が見たら申し訳ない……)
恋愛至上主義な脳みそが理解できない…。
ので、BLくらいのファンタジー入ってるほうが読めるのかもです(段々何を言ってるのかわからなくなってきましたぞ)
私がこれ系統のもの読むようになったきっかけが、
羅川真里茂さんの「ニューヨーク・ニューヨーク」という漫画なんですが…
初めて読んだときは色々衝撃でしたの(これは私はBLじゃないと思うんですけど…機会があったらぜひ…ってお勧めしてよいものか^^;)
切な苦しいハッピーエンドが探しやすいジャンルだから好きなのかもと思いました。

やばい喋り過ぎてますね;
感想文ブログはアフィとか関係なく完全趣味丸出しでやりたいですが(笑)
その場合、リアルを知ってる友人には見られたくない気がします(; ̄ω ̄)
自己満足でも、ブログやってると閲覧数ってやっぱり気になってしまうでしょうか~(・ω・)

Re: No title

>あるじゃーのんさま♪
わーいカミングアウト仲間がきました!(笑)
改めてぼ~っと見てたら、一億総ホモびいえる時空と、登場人物がゲイって漫画で大分分類できます。
私は後者を好みます。
ゆるほもでもあほもでもいいですが(喋り過ぎ!)

いや~書きすぎました…(今さら恥ずかしい)
ネタバレしちゃって大丈夫ですか。がんばります(何を)
読んだら自分だけ満足して終わりそうです。

あ、ここだけの話しましょう(←)
「箱の中」を買うきっかけが「キャッスルマンゴー」って漫画ようやく完結編の2巻が出たからなんです~。(木原さんが原作)
延期延期の末konozamaくらって発売日に入手できなかった腹いせ(?)に小説買いました(笑)
キャッスル~もよかったですよ。と、しゃべり過ぎついでにお勧めしておきます。
(私これから大丈夫だろうか……(びびり))

No title

き・・・きゃっするまんごー・・・・?

小椋 ムクーーーーーーーー!!!!!


失礼しました。ホントに。
私、小椋さんの絵が好きなんですよー。
といっても、ホントについ最近存在を知ったので、
作品は一冊も読んでないんですけど(それで好きとか)
いかんせん、BL熱は冷めたり再燃したりが激しいもので(なんのカミングアウトか)

いやいや、いい情報をありがとうございます。
タイムリーすぎてビックリしたので、レスにレスっちゃいました。えへ。

Re: No title

>あるじゃーのんさま♪
わっほい(笑)釣れました。
小椋ムクさん、きれいな絵柄ですよね~、内容にもぴったりでした。
あぁ、わかりますわかります>>冷めたり再燃したりが激しい
主にストレスフルで疲れてる時に読みたくなります(…)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

>くろみさま♪
こんばんは~、はじめまして^^
オノナツメさん、私も好きです~!
ほ~、三浦さん古屋さんは名前だけでまだ読んだことありませんでした。参考にさせていただきますm(_ _)m
コメントどうもありがとうございました^^
Secre

FC2カウンター

めざせキリ番企画

↑カウンター企画→終了しました。どうもありがとうございました。

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

プロフィール

+のん+

Author:+のん+
宮城出身。山形在住大学生でした。
就職して関東に移り住みました。
離れて暮らす猫2匹
ブライス趣味から、ドール趣味の話題が多いです。
雑多になってきたためドールの種類は「所有ドール一覧」参照。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ついったー

カテゴリー

フリーエリア

月別アーカイブ

最近のトラックバック

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。